学生生活を無事に終えられて、社会への門出となる3月です。

ご卒業されて、新たな門出への出発をお見送りするのは、オーナーとして寂しくも有り、安堵でもあり、期待でもあります。

複雑な気持ちが交錯しますが、『皆様の明るいお顔』を拝見し、皆様と時間を共有できて良かったなと感じるひと時でもあります。

高校卒業したてのご入居時のあの初々しさから、時を経て、新生活に入られる姿は、どなたもとても凛々しく成長されていて、眩しいばかりです。

 

今年は、退室の時に、親御様から、『娘のひとり暮らしを安心してお任せ出来ました』『メゾンに入居していたので、安心でした』というお言葉を頂くことが特に多いと感じています。ありがとうございます。

私も、『お入り頂けて良かったです。ありがとうございます』という気持ちでいっぱいです。

管理人と共に、ご入居者や、そのご家族に、少しでも尽くすことが出来て良かったなと感じています。

だけど、更に何が出来るのかをもっと考えないと・・。日々前進が信条ですから。

 

今年は、大学院への進学等で、入居5年目に入られる方も数名おられます。

ここは、暮らし易くて、勉強もし易い環境だったのかな。

ご卒業されて、新生活に入られる方、ご就職をされる方、そして、ご進学をされる方。

入居中も、退室されてからも、いつも、皆様を応援しています。

そして、皆様とご家族の皆様の幸多きことをお祈りしています。